地図を見ると、奈良県にある近鉄田原本線(たわらもとせん)は、他の近鉄線とは素性が異なるであろうことが一目瞭然である。王寺方は新王寺という同じ近鉄の生駒線とは別の駅だし、田原本方も西田原本という近鉄橿原線の田原本駅とは異なる駅となっているからである。これは、田原本線が大和鉄道という私鉄であった名残を引きずっているからに他ならない。

 田原本は江戸時代、周辺物資の集散地として栄えたところである。だが、明治期からの鉄道敷設は奈良盆地の周辺部を結ぶように敷かれ、田原本だけが鉄道から取り残された格好となった。やがて、田原本が周辺地域の発展に比べて停滞していることが明白になるにつれ、田原本にも鉄道をという気運が高まった。様々な計画が申請され、ことごとく却下されたのだが、明治43年の軽便鉄道法の公布により、田原本鉄道(のちに大和鉄道に改称)がようやく新王寺〜田原本間の鉄道敷設の免許を得た。

 そして大和鉄道は、大正7年に新王寺〜田原本間を単線狭軌の蒸機鉄道として開業した。そして味間までの部分開業を経て、大正12年に桜井町までが開通する。ところが同年、現在の近鉄橿原線にあたる大阪電気軌道(大軌)の畝傍線が田原本を通ると、大和鉄道の乗客は急減してしまった。

 実は大軌の畝傍線の建設は、その開通によって打撃を受けるであろう天理軽便鉄道(新法隆寺〜平端〜天理・平端〜天理間は現近鉄天理線)と大和鉄道の買収を前提とする形で許可が下りていたのだが、素直に合併された天理軽便鉄道とは違なり、大和鉄道は大軌にその株のほとんどを取得され傘下におさめられても独自性を保とうとした。

 大正11年には、大軌を含む並みいるライバルに打ち勝って、桜井から伊勢方面への免許も取得したほどである。しかし、大和鉄道に名張〜山田間の免許が下りるに至り、大軌は別会社である参宮急行電鉄を設立して大和鉄道の桜井以東の免許をこれに譲渡させ、のちに大軌の路線として桜井以東が開通し、大和鉄道としての延伸はならなかった。

 さて、大和鉄道本来の新王寺〜桜井町間に話を戻すと、まず昭和3年に桜井町から線路を国鉄駅前まで少し延伸し、駅名も桜井とした。ただ、第2次大戦中の昭和19年に、乗客の少なかった田原本〜桜井間が不要不急路線として休止されてしまった。(余談だが、もと桜井軽便鉄道の大軌法隆寺線も同理由により昭和20年に休止、のち廃止と大和鉄道田原本〜桜井間と同じような運命を辿った)

寺川橋梁跡1
両方の橋台が残る寺川橋梁跡(A地点・手前が桜井方)  
この写真では見えないが寺川の中には橋脚の土台らし  
き遺構も見受けられる。上の高架は近鉄大阪線のもの  
 
寺川橋梁跡2
今となっては橋台跡は道路脇にある長椅子である。 
下校中の小学生がちょこんと腰をかけて談笑中  

 終戦後、復興のために石炭は最重要産業と化し、その結果需要に応じきれない形で炭価が急上昇した。そのため、敗戦日本に唯一豊富であった水力電気を使える電化が、各地の地方私鉄でブームとなった。大和鉄道もその例に漏れず、親会社の近鉄の後押しもあって、昭和23年に新王寺〜田原本間の電化、そして標準軌への改軌が行われ、近鉄から借り入れた中古車両が走り始めた。それとは反対に、休止されていた田原本〜桜井間は昭和33年に正式に廃止され、田原本以西とは完全に明暗を分けた形となった。

 その後、大和鉄道は昭和36年に近鉄の主導で、信貴生駒電鉄(現近鉄生駒線)と合併、さらに39年に信貴生駒電鉄が近鉄に吸収合併されたことにより、近鉄田原本線となって現在に至っている。


 大和鉄道の田原本駅であった西田原本の車止めのすぐ先こそ建物が建っているが、そのまま続いていた線路跡は住宅街の中の道路となって、緩やかな左カーブを描いていく。右手にガソリンスタンドがある所で、県道14号線に合流するが、これからの廃線跡の大半は県道14号線そのものである。

 奈良盆地独特の条里制の名残で、周辺の道路や田畑のほとんどが南北方向に走っているなかで、斜めに突っ切るこの道は、緩やかなカーブとともにいかにも廃線跡といった風情である。もっとも、県道14号線の田原本以西も同じような斜めの道で、緩やかなカーブを描いていたりするから困ったものであるが・・・。

 そして駅の跡は、廃線跡が幹線道路にそっくり生まれ変わっていることで、全て名残がないに等しい。実は大和鉄道跡全線のうち、めぼしい痕跡は1カ所にあるのみである。それは、終点桜井ももう間近の近鉄大阪線と交差する付近で、寺川を渡る橋梁をかけていたところである(A地点)。

 ここには、橋台が両方とも残り、川床を見ると橋梁の土台跡も認められる。また、橋台のうち桜井方のものは、ちょうど近鉄大阪線の高架下にあるのだが、小広くなった道路の真ん中にポツンと取り残されている。これは、もとの寺川の川幅を少し狭くして道路を作ったためだと思われるが、そのとき橋台が壊されなかったのは奇跡的といえる。まさか、道行く人がちょこんと腰を下ろすための長椅子に使えるように残したわけではないだろうけれど、丁度下校途中の小学生の手頃なくつろぎ場所となっていた。

Last visited:Sep-2001 / Copyright 1996-2004 by Studio Class-C. All rights reserved.